ホーム > ホーム宅建からのお知らせ > お知らせ > ブログ > スイスでベーシック・インカムをめぐる国民投票

ホーム宅建からのお知らせ

スイスでベーシック・インカムをめぐる国民投票

ブログ 2016年6月 5日(日) 16:00

営業の藤田です。

最近の気になる話題を。

スイスで2016年6月5日、世界で初めてとなるベーシックインカムに関する国民投票が行われるそうです。

スイスでは10万人の有権者の署名を集めれば国民投票を実施できるという制度があるのです。(今回は約13万人の署名が集まったようです)

ベーシック・インカムというのは、政府がすべての国民に対して日常生活を送るための必要最低限の額(国によってこの額についても議論がされています)を無条件で、定期的に支給するというものです。

現在の日本でいうと、年金や生活保護、失業保険の一部扶助等、様々な給付がありますがそれらを無くして国民全員に平等にお金を支給するという構想です。

私もこのベーシック・インカム導入については大変興味があります。

メリットとしては年金や生活保護等を管理する行政担当者の負担軽減や、一部不平等な受給などによる逆差別も大きく解消される反面、当然財源は税金ですからその多額な財源をどうするか?全ての国民に平等にお金が支給されますから、労働意欲の低下による生産力の弱体化を招くのではないか?なども議論のポイントになっています。

度々、国内外でメリットやデメリット、制度の詳しい内容について議論されていますが、今回のスイスでのベーシック・インカムの導入をめぐる国民投票には国際的にも関心が集まっています。

国民投票の結果、国民の過半数が賛成した場合、ベーシック・インカムがスイス連邦憲法になります。

ただし、今回発議された提案は明確な内容は決まっておらず「すべての国民を対象としてベーシック・インカムが制定されること。制度の詳しいことについては政府が検討する。」という内容です。

ですので、決定した場合まずは憲法になり下位の法律が決まっていくという流れになります。

フィンランドでも現在導入が検討されているベーシック・インカム。

スイスでの国民投票の行方も気になりますが、いずれ日本でも今以上に議論のテーマに上ることが多くなるのではないでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新築住宅・建売住宅・アパート・不動産仲介など資金計画からのプランニング

有限会社 ホーム宅建

帯広市西19条南3丁目17番14号

TEL 0155-36-7100

FAX 0155-36-7109

LINEで送る
ページの先頭に戻る