ホーム > スタッフブログ > 藤田 慶義 > 住宅ローンの大まかな比較ポイント

藤田 慶義のブログ

住宅ローンの大まかな比較ポイント

2020年1月14日(火) 20:52

藤田です。

 本日、ある金融機関の方からお電話があり、住宅ローンの新商品についてご説明したいというお話でした。今日は私の都合が悪く後日改めてお話を伺うことになりましたが、概要をお聞きする限りなかなか魅力的な商品の一つだと思いました。

 今度、その内容もブログに書いていきたいと考えています。

 そこで今日のブログでは、各金融機関の住宅ローンを比較検討されるお客様へ私が思う抑えるべき大まかなポイントを書いていきたいと思います。

 弊社で新築住宅を建築し、住宅ローンをご選択していただく際には、ここでなければいけないという金融機関は決まっておりません。お客様のニーズに合わせて住宅ローンをご選択していただくことが出来ます。

 金融機関により商品の内容は様々ですが、まずは以下のポイントを比較していただくと良いのではないでしょうか。

1.現在主に利用している(給与振込等)金融機関

通常住宅ローンを借りる際に、その銀行の通帳を持っていなければ通帳を新たに作り、その口座から返済日に引き落としが掛かるという仕組みになっています。したがってその口座が給与振込指定の通帳と違う場合には、予めまとめて現金を入金しておくか、返済日までにその都度現金を入れておく必要があります。

2.金利と手数料

月々の返済額は借入額と借入年数、そして金利で決まります。帯広近郊にある金融機関の中で住宅ローンを比較しても金利に多少のずれがあります。ただし各商品を比較する際には、金利だけではなく別途掛かる費用(主に保証料や手数料)も総合的に見て比較検討する必要があります。

3.保険内容

金融機関の住宅ローンを利用する場合、原則団体信用生命保険に加入することが条件となります(そうではない金融機関もありますのでご相談ください)。多くの場合適用金利の中に保険料は含まれており、その内容は金融機関により異なります。

住宅ローンを大まかに比較する際には、他にもATMや通帳記帳のできる店舗数、繰り上げ返済時の手数料、その他諸々ありますが、まず手初めにこれらのポイントを見ていただくことをお勧めします。

LINEで送る
ページの先頭に戻る