ホーム > スタッフブログ > 藤田 慶義 > 平成28年10月から短時間労働者の厚生年金保険・健康保険の加入対象が広がる

藤田 慶義のブログ

平成28年10月から短時間労働者の厚生年金保険・健康保険の加入対象が広がる

2016年10月11日(火) 08:27

営業の藤田です

10月に入ってから朝晩はグッと寒さが増してきました。先週あたりから自宅の暖房は欠かせません。私は毎年この時期になると、朝起きてから一時間ほどは鼻水やくしゃみが出るという症状が起こります。季節の変わり目のこの時期にはいつも悩まされています。

さて、ご存知の方も多いと思いますが今月から厚生年金保険・健康保険の加入対象が広がりました。今日はその概要を少しだけご紹介したいと思います。

現在は、一般的に週30時間以上働く方が厚生年金保険・健康保険(社会保険)の加入対象でしたが、平成28年10月からは従業員501人の企業で、週20時間以上働く方などにも対象が広がりました。

あくまで、「1週間あたりの決まった労働時間が20時間以上」なので残業時間は含めません。

加入条件は他にも、

・月収が88,000円以上

・1年以上勤務する見込がある

・企業規模が501名以上 

などがあり、推定対象人数は25万人程と発表されています。

メリットとしては、

・老後の年金が増える

・障害がある状態になった場合、より多くの障害年金がもらえる

・医療保険(健康保険)の給付も充実

・自分で国民健康保険料・国民年金保険料を支払っている方は、今より保険料が安くなることがある

などがあり、

逆に本来必要なかった社会保険料を負担する方にとってはデメリットにもなりうるでしょう。

社会保険の対象範囲は平成31年9月までにさらに検討を進めることが決まっています。

制度の変更は家計に与える影響も大きいので、今後もこまめにご紹介していきたいと思います。

LINEで送る
ページの先頭に戻る